2013年3月菅田巌 会長

ソチ冬季オリンピックがテーマ‘‘Hot CooIYours”のもと開催され,スキージャンプ
女子,スノーボードスロープやパラレル回転,フィギュアスケート団体など新種目が加わ
り連日連夜賑わっており,若い人の活躍,期待が大きくプレッシャーで実力が発揮できな
かった等,悲喜こもごもである。

インフルエンザの流行期に入り,広島県では1月23日,県内定点あたり10.0人以上とな
り「インフルエンザ注意報」が発令され,広島市でも第5週(1月27日~2月2日)の報告で
は,定点あたり21.3人を超え,インフルエンザ様疾患による学級閉鎖は今シーズン39件と
報じていた。全国レベルでは,定点あたり34.44人と,増加の一途をたどっており,この
一週間に受診した患者数は約187万人と推定され,沖縄,九州,そして首都圏が多く,国
内におけるインフルエンザウイルスの検出は,A(H3N2)の割合が多く,次いで平成21年
に流行ったA(HINl)pdm09が増えていると報告されている。またノロウイルスも流行っ
ており,注意が必要である。
安芸地区医師会学校医委員会では,安芸地区における児童,生徒,教職員のインフルエ
ンザワクチン接種及び発病に関するアンケート調査を各学校にお願いして統計を集計し
た。その結果を平成26年2月6日の第27回安芸地区学校医・養護教諭連絡協議会において,
学校医担当理事の向井皇先生が発表し,2012年秋~2013年春の対象期間でワクチン接種者
とワクチン未接種者との発病者数では有意差がなかったと報告した。有効率はわずかに
1.6%であった。

11月,NIID(国立感染症研究所)は,「2012年/2013年冬シーズンのインフルエンザワ
クチン株について,ワクチン効果が低かったと国内外から批判が出ているが,流行予測に
基づくワクチン株の選定の問題ではなく,ワクチン株の卵馴化による抗原変異がワクチン
効果を低下させている。ワクチンの製造基剤を変えるしかなく,現在,国内及び諸外国で
は培養細胞を用いたワクチンの製造に切り替えつつあり,これら細胞培養ワクチンに期待
したい。そしてB型の2株を含めた4価ワクチンの導入を要望している」とIASRにレポー
トしている。
同じ2月6日夜,NHKのクローズアップ現代では「インフルエンザ2つの“異変’つ と題
して,A(HINl)pdm09の急増,重症化,そしてタミフルとラビアクタへの耐性ウイルス
の出現,昨シーズンのワクチンA(H3N2)の異変を報じ,突然変異しにくいワクチン株で
の製造,更に培養細胞ワクチンへの転換を促していた。今年の安芸地区の調査ではどうな
のか,今後も調査が必要であり・検証して行く必要がある。今後発生するであろうA(H7N9)
のパげミック,更にはA(H5Nl)新型インフルエンザの発生にも備えて,A(HINl)pdm09
の教訓を生かして行く。

現在H5Nl新型インフルエンザの特定接種に係る医療機関の事前登録は1月29日から3月
14日までである。特定接種の申請をする場合は・必ず業務継続計画書の作成が必要であ
る。詳しくは広島県感染症・疾病管理センター(ひろしまCDC)ホームページに掲載さ
れている。Q&Aでは新型インフルエンザ等の予防接種(特定接種や住民接種)のみを行
ぅ医療機関は登録の対象にはならない。新型インフルエンザ等医療提供とは,新型インフ
ルエンザ等の診察,治療入院などの提供をいうと記載されている。しかし一方日医の小森
常任理事は診療科にかかわらず・より多くの医療関係者に特定接種を受けて頂きたいと考
えており,登録をお願いしていると述べている。現在県は個別接種でなく,集団接種を考
えており,先日の説明会では医療機関での常勤換算等の問題など,自治体との十分な協議
が必要である。
診療報酬改定が行われ,12日,中医協から厚労大臣に答申がなされた。2025年に向けて
病院から在宅にシフトしており,特に主治医機能の強化として「地域包括診療科」と「地
域包括診療加算」が新設されている。また今回は消費税8%に向けて初診料12点,再診料3
点アップが決定した○今後10%に向けて損税部分の補填をどのようにしていくのか早急な
議論が必要である○医療に関する税制について広島5区選出の自民党副幹事長で衆議院議
員の寺田稔氏の講演があった。案1として課税化ゼロ税率がある。仕入控除で損税解消と
なるが,ひとたび「課税」扱いになると,将来消費税が20%となった場合,ゼロ税率では
済まなくなる大きな罠であること。案2として個別申告・還付方式は「非課税」扱いのま
まで損税を完全解消し,事務が煩雑になるが法的にも事務上も実施可能であると述べ,聖
域を守るのは案2であると寺田議員は講演した。
16日は臨時総会です○宜しくお願いします。
(平成26年2月13日)

記事一覧へ