看護・リハビリ・介護事業について

福祉用具貸与

福祉用具貸与

福祉用具貸与について

事業所について

~福祉用具は在宅での介護を行っていくうえで重要な役割を担っています~

ひとりひとりの心身の状況、希望及びその置かれている環境を踏まえた適切な福祉用具の選定の援助、調整等を行うことにより、利用者の自立・機能訓練を支援します。また、介護者の負担軽減を目指しています。

介護保険で借りられる福祉用具

ベッド関連 特殊寝台、特殊寝台付属品、床ずれ防止用具、体位変換器
移動関連 車いす、車いす付属品、スロープ、歩行器、手すり、歩行補助つえ、移動用リフト
排泄関連 自動排泄処理装置
生活関連用品 認知症老人徘徊感知機器

福祉用具は誰でも利用できるの?

【対象者】要支援・要介護認定者

ただし車いす・特殊寝台・移動用リフト等は要支援、要介護1等の方は、原則は保険給付の対象外です(例外給付の対象となることがあります)。

※詳しくは福祉用具専門相談員、ケアマネジャーにご相談下さい。

レンタルの良い点

  • 体調や環境に合わせて必要な時、必要な福祉用具をレンタルできます。
  • 半年毎の定期点検・マットレスの消毒、迅速な修理対応はレンタルならでは!
  • 介護保険だと1割(又は2割)負担でレンタルできます。
例) 特殊寝台 700(1400)円
マットレス 200(400)円
ベッド柵/本 24(48)円
車いす 500(1000)円

★購入・住宅改修に関しましてはケアマネジャー、契約業者等と連携してまいります。

選定のチェックポイント

★福祉用具はその人に合ったものを選ぶことが大事です

  • 使う人の身体に合っていますか
    小さすぎる、又は大きすぎて使いづらい、無理な姿勢を強いられる、身体に痛みが生じる・・など
  • 本人や介護者が無理なく操作できますか
    多大な力が必要、操作が煩雑である・・など
  • 福祉用具を使用できる環境ですか
    充分なスペースがない、段差がある・・など
  • 使う人の「できる力」に視点を当てていますか
    自分でトイレに行けるようになった等自立を促すことが大切です

【私たちの特色】

  • 専門相談員(看護師、理学療法士等)が住宅環境や身体の状況に合わせた用具を一緒に選定します。
  • 納得できる用具が決まるまで一週間程度お試しいただけます。
    ※特殊寝台は除く
  • 半年ごとに定期点検し、マットレス等をご利用の方は消毒したものと交換いたします。
    ※用具の搬入・点検等は日本基準寝具株式会社エコール事業部、メディカルマサモリに委託しています。

【利用者様の声】満足度アンケート結果より

  • 今はベッドにすっかり慣れ、起き上がり、歩行までスムースになっていると思います。本人も楽だと言っております。有難うございました。
  • ベッド・車いす大変助かっています。
  • いつもお世話になっています。不具合があった時もすぐ対応していただけるので助かっています。今後もよろしくお願いします。
  • 福祉用具を使用することで、本人も生活しやすく、介護負担も軽減されました。色々と介護のポイントも説明してくださり、役に立っています。
  • 手すりはとても助かっています。補助杖のゴムの点検に来て下さったり、他の用具の説明をして助言を頂き、満足しています。
  • 急に特殊寝台が必要になった時など、すばやい対応をしていただいていると感じています。
  • 床ずれ予防マットとクッションは定期的に交換してくださり、ありがたいことです。いつも親切丁寧に接してくださいます。
  • いろいろと考えて下さり、感謝しております。

© aki.hiroshima.med.or.jp