看護・リハビリ・介護事業について

居宅介護支援

居宅介護支援

居宅介護支援について

居宅介護支援事業所とは

居宅介護支援事業所とは

介護支援専門員(ケアマネジャー)が要介護認定を受けた方、おひとり、おひとりのご希望や心身の状態を考慮しながら適切な介護サービス計画(ケアプラン)を作成し調整する県の指定を受けた専門の事業所です。

事業内容

  • 介護サービスを利用したいと思われる方の相談をお受けします。
  • あなたの生活状況や身体の状況を考慮し適切なアドバイスをします。
  • 介護サービスを利用するための手続き等をします。
  • 介護サービス計画書(ケアプラン)を作成し、行政・医療機関・介護サービスの方との連絡・調整を図り、安心した生活を支援します。

私たちの特色

  • 24時間連絡体制をとっており、緊急時に連絡・相談ができます。
  • 看護師、作業療法士、社会福祉士、薬剤師、介護福祉士、管理栄養士、歯科衛生士などの資格をもった介護支援専門員がいるのでいろいろな視点で助言ができます。
  • 主任介護支援専門員が各事業所にいます。
  • 主治医との連携を密にしており医療的ケアが必要な方、終末期の方など、どのような症状の方でもお引き受けいたします。
  • 地域の勉強会や研修会に参加し、より良いサービスが提供できるよう自己研鑽しています。

【利用者様の声】満足度アンケート結果より

  • いつも優しい声をかけてくれ感謝しています。母にとって良い方法を考えてくれ、緊急時にはテキパキと対応してくれて、とても助かります。
  • ケアマネジャーが関わるようになり、以前にくらべ精神的に不安度が少なくなり、とてもありがたいです。デイサービス、特にショートスティに行くようになり自分の時間ができるようになりました。
  • 家族の意向も一緒に考えたうえで提案してくれ、何かあれば主治医・デイサービスその他の機関に連絡してくれています。
  • 支援をしてもらい迷惑をかけているような気がして、ついつい遠慮がちになっていますが、そこを押してくれて、だんだん割り切れるようになりました。
  • 家族にとって、大変頼りになり心強いです。

© aki.hiroshima.med.or.jp