看護・リハビリ・介護事業について

訪問看護ステーション

訪問看護ステーション

サービス内容

訪問看護って何をしてくれるの?

サービス内容

看護師・リハビリスタッフがお一人おひとりの在宅生活を支えます。

  1. 病状の観察

    病気や障がいの状態、血圧・体温・脈拍などのチェック、異常の早期発見

  2. 介護予防

    健康管理、低栄養や運動機能低下を防ぐアドバイスなど

  3. 在宅療養のお世話

    身体の清拭、洗髪、入浴介助、食事や排泄などの介助・指導

  4. 在宅でのリハビリテーション

    拘縮(こうしゅく)予防や機能の回復、嚥下(えんげ)機能訓練など

  5. 医師の指示による医療処置

    点滴、カテーテル管理(胃ろう、尿留置カテーテルなど)インシュリン注射など

  6. 医療機器の管理

    在宅酸素・人工呼吸器などの管理

  7. 薬の相談・指導

    薬の作用・副作用の説明、飲み方の指導、残薬の確認など

  8. ご家族等への介護支援・相談

    介護方法の助言。病気や介護の不安の相談など

  9. 認知症などのケア

    利用者と家族の相談、対応方法の助言など

  10. 在宅緩和ケア

    症状緩和やターミナルケアを行い自宅で過ごせるよう支援

リハビリって何をしてくれるの?

リハビリって何をしてくれるの?

  • 退院後のリハビリは
    どうすればいいの…
  • 最近転びやすくなって、
    外出もしなくなっちゃって
  • 退院したけど、家に
    帰ったら動けなくなった
  • 最近食事の時にむせる
    ことが多くなったなあ
  • もう一度趣味を
    させてあげたいわ
  • 介助が大変になってきて、
    困ってる…

↓

こんな時リハビリスタッフが力になります!!

こんな時リハビリスタッフが力になります!!

  • 起きる・立つ・歩く
    などの練習
  • 着替え・食事・
    トイレ入浴の練習・実践
  • 飲み込みや言葉の
    評価・練習
  • 趣味活動や地域活動
    への復帰支援
  • 福祉用具や手すり
    設置などのアドバイス

みなさまのやりたいことができ、
充実した生活を送るためのお手伝いができます。

↓

笑顔が増えた

  • 体が楽になった
  • 生きがいが見つかった
  • 不安がなくなった
  • 動きやすくなった
  • 介護が楽になった
  • 食べられるようになった

どうすればいいの?

どうすればいいの?

まずは訪問看護ステーションに直接お問い合わせいただくか、医師、ケアマネジャー、病院相談員等にご相談ください。

【利用者様の声】満足度アンケート結果より

  • 訪問時の利用者のちょっとした変化にも気付いていただけるのは、しっかりと把握してくださっているからであり、大変感謝しています。
  • 専門的な助言をくださったり、介護者の日常をも心配してくださり、いろいろ言葉がけしていただけることは大変心強く思っております。
  • リハビリのおかげで体を動かす時、できることが増えて、介護が少し楽になってきています。
  • 訪問してくださることを楽しみにしています。とてもやさしく声をかけてくださるので、癒されているようです。
  • 訪問看護さんが来てくださる日は留守にしても安心できるところがあり、助かっています。
  • 夜間、異常があった場合にお願いしても良いと話を聞いています。そのときにはよろしくお願いします。
  • 家族としては会って話をする機会が少ないため、看護師の方から協力すべきことがあれば、ノートで申し送っていただきたいです。
    • (回答) ご家族となかなかお会いできない方には、今まで以上にノート等でしっかり連絡をとりあい、利用者様によりよいケアを提供していきたいと思います。
  • いつでも連絡して良いと言っていただいても、どこまで許されるのか、具体的な例を知れたらありがたいです。
    • (回答) 具体的な症状を記載したリーフレットをお渡ししました。また24時間連絡がつく電話番号を再度お伝えしましたので、いつでも相談いただければと思います。

© aki.hiroshima.med.or.jp