看護・リハビリ・介護事業について

訪問看護ステーション

訪問看護ステーション

Q&A

訪問看護と訪問介護はどう違いますか?
訪問看護は、医学的知識を持った訪問看護師が、主治医と連携し、医療処置(薬の管理・注射・血圧・脈拍・体温のチェック・傷の処置など)を含めた療養生活の支援を行います。また、リハビリテーションの専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)が在宅でのリハビリテーションを行います。
訪問介護は、ホームヘルパーが身体介護(清拭・入浴介助・移動の介助等)や生活介護(掃除・洗濯・買い物・調理等)を行い、自立した日常生活を送れるよう支援します。
訪問看護はどんな人が来てくれるのですか?
看護師や理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がお伺いします。
お年寄りしか利用できないのですか?
0歳の赤ちゃんからお年寄りまで、あらゆる方にご利用いただけます。
介護保険と医療保険の利用にはどのような違いがありますか?
サービスの内容には違いがありませんが、利用料金や利用できる回数等に違いがあります。
40歳以上の要介護認定を受けておられる方は、原則介護保険の利用となります。但し、末期の悪性腫瘍、ALS(筋委縮性側索硬化症)等厚生労働大臣が定める疾患の方は医療保険の利用となります。また、小児や介護保険の要介護認定を受けておられない64歳以下の方は、医療保険の利用となります。
週に何回利用できますか?
介護保険の場合、ケアマネジャーが計画した回数で訪問します。
医療保険の場合、原則として週3回までですが、病名や病状によってはこの限りではありません。
1回の訪問時間は30分~1時間30分です。
病状の急性増悪時に特別訪問看護指示書の交付を受けると、1か月に1回14日間を限度として連続訪問が可能(褥瘡等の場合、1か月2回可能)です。
酸素療法をしている・人工呼吸器を装着しているけど、利用できますか?
利用できます。安心して在宅での生活ができるようサポートしていきます。
在宅で点滴は受けられますか?
主治医の指示で行うことができます。
在宅でリハビリテーションをしてもらえるのですか?
当ステーションには、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が在籍しています。関節や筋肉が硬くならないように動かしたり、起き上がり・立ち上がり・歩行等の練習、食事やトイレ等の日常生活動作の練習、呼吸障害のある方への呼吸リハビリテーション、言語・嚥下機能に障害がある方へのリハビリテーション、福祉用具や住宅改修へのアドバイス、趣味や地域活動への支援などを行い、在宅での充実した生活が送れるよう支援しています。
事前の看護相談には料金がかかるのですか?
事前の看護相談には、一切料金はかかりません。また、事前の打ち合わせ訪問についても料金をいただいておりません。例えご契約書を締結した後であっても、看護師またはリハビリスタッフがサービスを実施しない限り、料金は発生しません。どうぞお気軽にご相談ください。
在宅での看取りを考えていますが、必要な時緊急の訪問はお願いできますか?
24時間連絡がとれる体制をとっていますので、緊急時、時間外等必要に応じて訪問することができます。
訪問看護ステーションで働きたいので、詳しいことを教えてもらえますか?
お近くのステーションへお気軽にご連絡ください。

© aki.hiroshima.med.or.jp