地域のみなさまへ

在宅医療のご案内

安芸地区医師会では、救急受入が可能な医療機関および訪問看護ステーションと連携を深めて、在宅医療に対しても、積極的に取り組んでいきます。

「在宅療養支援診療所」では、24時間対応できる体制で在宅医療を行っております。

厚生労働省が定める在宅療養支援診療所としての要件

  • 当該医療機関は医師や看護師が常駐していること
  • 往診、訪問看護により24時間対応できる体制を有すること
  • 当該医療機関内、又は他の保険医療機関において、在宅療養患者の救急入院を受け入れる体制を確保できていること

なお「在宅療養支援診療所」に関してのお問い合わせは、安芸地区医師会までお願いいたします。

安芸いかの会からのお知らせ

医療と介護が必要になっても、高齢者が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けるためには、本人に関わる医療・介護関係職種(機関)の適切な連携によって、サービス提供されることが重要です。
そこで、医療・介護関係職種(機関)の連携と情報共有を円滑にするためのツールを是非ご活用頂ければと思います。
マニュアルや様式などは、ページ下からダウンロードしてご利用ください。

© aki.hiroshima.med.or.jp