沿革

安芸地区医師会の沿革について

当医師会の創立は、明治20年(1887年)に発会した「明廿(めいしゅう)医会」を母体とし、翌明治21年、安芸郡内在住の全医師(122名)の設立した「安芸医会」を始まりとします。現在では、16の委員会や5つの運営会議を設け、多くの会員が活発に活動をすすめ学校医、産業医、介護医療、在宅医療、かかりつけ医など地域医療への貢献を実践しております。研修の場としては、月例の学術講演会だけでなく、毎年開催される安芸医学会は20回を数え、50数題の演題が呈示され、300名以上の出席者で盛大に開催されています。また、月報および年一回の会誌「あき」を刊行しております。

kensyou2

明治21年 安芸郡在住の全医師122名からなる安芸医会を創立。
明治35年 呉市が安芸郡より独立し、現在の地域を対象とする医会となる。
昭和14年 加藤鶴亀氏が会長に就任。
昭和22年 社団法人安芸郡医師会が発足し、檜原月海氏が会長に就任。
昭和28年 皆川尚常氏が会長に就任、健康保険制度の改正に尽力。
昭和42年 安芸郡医師会館および検査センターが完成。
昭和52年 安芸郡医師会史を発刊。
昭和56年 八田博英氏が会長に就任、学術や医療の研鑽と地域社会活動の推進を提唱し、他地区に先駆け、勤務医部会を再編成。
昭和58年 安芸郡医師会から安芸地区医師会へ名称変更。
昭和62年 安芸地区医師会百年史を発刊。
平成2年 高島義範氏が会長就任、かかりつけ医推進事業を推進。以後、在宅医療の定着を進め、当医師会の中核事業となる。
平成5年 かかりつけ医推進モデル事業および老人訪問看護ステーション事業を開始した。
平成7年 かかりつけ医推進モデル事業』事業報告書を刊行。
平成10年 福永泰州氏が会長就任、介護保険制度のスタートに合わせ、海田町在宅介護支援センター、翌11年、ホームヘルパーステーション開設。
利用者数の増加に伴い、府中、熊野、船越へと訪問看護ステーションを新設し、総合介護センターへと組織変更。
平成10年 安芸地区医師会訪問看護ステーション5周年記念誌を発刊。
平成18年 菅田巌氏が会長に就任し、現在に至る。
平成20年 4月から、メタボリックシンドロームの予防、改善に着目した健康づくり施策に伴い、特定健診・特定保健指導事業を開始した。
平成25年 4月から、社団法人から一般社団法人に移行。

さらに詳しくは⇒コチラ